お知らせ一覧

夏のワキ汗対策には汗止め注射がおすすめ。今から対策しませんか?

徐々に気温もあがり汗をかく機会が多い季節となりました。男女問わず悩ましいのがワキ汗や汗ジミです。
そんなお悩みに、今からできる夏のワキ汗対策が人気です。

 

当院では、この時期ワキ汗治療の自費診療「ボツリヌストキシン注射」を希望される患者さまが多くご来院されます。

 

当院は厚労省承認製剤であるボツリヌストキシンビスタ(正規品)を採用していますので、安心してワキ汗治療を受けていただけます。

また、注射時の疼痛対策としてオリジナルの部分麻酔処置や極細注射針を使用しています。

ワキ汗・汗ジミ対策に月額1万円程度のご予算がある方は、ワキ汗ボツリヌストキシン治療もオススメです。>>くわしくはコチラ

また、ボツリヌストキシン注射よりも効果は弱いですが、保険診療での外用薬や内服薬もございます。
お気軽にご相談ください。

>>脇汗治療全般の説明はこちら

当院院長が「赤み治療の名医」「粉瘤手術の名医」としてインタビューを受けました。

当院の上嶋院長が「名医のチョイス」に掲載されました。「赤み治療の名医」、「粉瘤手術の名医」として取材を受けました。赤み治療に関して、0歳児の赤アザから大人の顔の赤み治療まで幅広く対応しております。保険診療で治療できるケースも多々ありますので、ぜひご相談ください。粉瘤手術・くり抜き法手術もホームページから24時間ご予約受付可能です。

詳しくはこちらをご覧ください

赤ら顔とニキビダニの診断・治療は当院(皮膚科専門医・指導医)におまかせください

当院はおかげさまで全国から赤ら顔治療やブイビームレーザー治療で多くの患者様がいらっしゃいますが、最近患者様から「ニキビダニ」のご質問を多くいただきます。当院では患者様がSNSやネット情報の偽情報・印象操作に惑わされないように、医学的な根拠に基づきニキビダニ症の診断や赤ら顔の診断治療を行っています。顔の赤みや赤ら顔治療でお悩みの患者様は当院へお気軽にご相談ください。その際は院長勤務日がオススメですので、ホームページや当院インスタグラムをご確認ください。

https://uwajima-hifuka.com/   

インスタグラムはコチラ↓

https://www.instagram.com/uwajima_hifuka/

<ニキビダニ(毛包虫)について>

まず、ニキビダニは常在微生物(じょうざいびせいぶつ)です。常在微生物とは皆さんの皮膚にあたりまえのように住んでいる微生物という事です。日本皮膚科学会誌にも掲載されていますが、健康なヒトの顔面から高確率にニキビダニ類の寄生が確認できます。なので通常はニキビダニが発見されても病的な意味はありません。皮膚にはいろいろな種類の微生物が共存していますが、何らかのきっかけで皮膚の微生物のバランスが崩れてニキビダニが大量に増えた時には肌のトラブルが生じる事があります。その際は皮膚科専門医が診断し必要に応じた治療しますのでご安心ください。

Q:ニキビダニが自分の顔にいるのか診てほしいのですが?

A:心配な症状があればお気軽に当院をご受診ください。皮膚の症状を拝見して必要に応じて検査いたします。一方で、ニキビダニは常在微生物で通常は無害です。従って皮膚に何も症状がないのに必ず検査する必要はありませんので、検査の必要性に乏しい場合は医師からご説明差し上げます。なお、赤ら顔に伴うニキビダニのご相談は院長勤務日がスムーズですので院長勤務日を当院ホームページかインスタグラムにてご確認ください。

Q:ニキビダニが自分の顔にいるなんて気持ちが悪いので完全に駆除してほしいのですが?

A:結論から申し上げると、完全に駆除することは難しいですし、完全駆除を目指す必要はありません。ニキビダニは見た目が奇妙でグロテスクなので、自分の皮膚にニキビダニがいるのを想像すると気持ちが悪いですよね。お気持ちはすごくわかります。ただ、ニキビダニは常在微生物で皆さんの皮膚で共生しているダニなので、お薬で数を減らすことはできますが、完全に駆除することは難しいです。そもそもニキビダニは通常は無害なので、皮膚の症状がない状況でニキビダニ駆除の薬を必ず使用する必要はありません。薬を使用する治療もリスクゼロではありませんので注意が必要です。

Q:赤ら顔がなかなか治らないのですが、これはニキビダニのせいではないのですか?

A:赤ら顔の症状によってはニキビダニが悪化要因として関与している可能性はあります。ただ、全てがニキビダニのせいでニキビダニを駆除すれば解決すると解釈するのは誤りです。赤ら顔や酒さにおいて高率にニキビダニが検出されることが報告されています。ただ、健康なヒトの顔面からも高率にニキビダニが検出されていますので、ニキビダニが検出されるという事実だけでは赤ら顔酒さの方と健康な方の両者で差はありません。重要なのは、赤ら顔・酒さの患者様において赤みだけではなく、皮むけや丘疹(プツプツ)や膿疱(白い膿のプツプツ)などの症状があり、実際の検査においてニキビダニが大量に増えていた場合、ニキビダニ治療を併用することで症状改善が期待できると考えるのが適切です。

昨今の現状として、テレビやSNS上の見せ方で「患者様の赤ら顔の表面からニキビダニを検出したぞ、このニキビダニを治療すれば今まで治らなかったあなた(患者様)の顔の赤みは治る!」と情報発信主が自らの名医ぶりをアピールする演出がありますが、もともとニキビダニ自体の検出率が高いのは先に述べた通りですし、ニキビダニを検出したこと自体を騒ぐ必要はないです。重要なのはそのニキビダニが現在の病状に対して病的な意義があるのか?治療する必然性があるのか?をしっかりとした医師が診断することなので、結局は本物の皮膚科専門医による検査・診断が有効です。「受診したいドクターが本当の皮膚科専門医なのかどうか?」に関しては簡単にサイトで検索できます。リンク先の日本皮膚科学会のサイトで「フリーワード検索」欄に、ご希望のクリニック名や医師の名前を記入して検索してみてください。自称専門医のドクターは検索ヒットしませんが、日本皮膚科学会認定の本当の皮膚科専門医ならば検索にヒットして出てきます。

皮膚科専門医MAP検索サイト

https://www.dermatol.or.jp/modules/spMap

Q:赤ら顔に悩んでいます。インターネットで赤ら顔・しゅさの動画やニキビダニの動画をたくさん見ています。うわじま皮膚科に通えない時は、どの皮膚科に受診したらいいですか?

A:おかげさまで当院は全国各地から多くの患者様が通院されており、赤ら顔治療やブイビームレーザー治療、ニキビダニ治療など行っております。遠方で当院に通えない患者様は、まず日本皮膚科学会が認定した皮膚科専門医の病院やクリニックを受診されるとよいでしょう。前項目のQ&Aのリンク先の「フリーワード検索」欄に、希望のクリニック名や医師の名前を記入して検索してください。

また、めったにない事ですが、医師免許をもたない人物が医師と称して診察治療して事件になるケースもゼロではないので、受診される医師が医師免許を持っているかどうかを調べる事も比較的簡単にできますので、下記に厚生労働省のリンクを貼っておきます。これらのツール等によって、多くの患者様がネットやSNSの誤情報や演出に惑わされることが減り、正しい情報を得て適切な医療機関を受診されることを切に願っております。

医師等資格確認検索(厚生労働省サイト)

https://licenseif.mhlw.go.jp/search_isei/

#しゅさ #赤ら顔 #顔赤み #ニキビダニ #ブイビーム

顔のイボ・首のイボは保険診療で1回で取れます。春先シーズンがオススメです。

顔のこめかみやフェイスラインの小さなイボ、首の小さなイボは保険診療で1回の施術でとれます。ご存じですか?施術後に小さな絆創膏を貼るので、衣服や花粉症対策マスクで顔を隠しやすい春先シーズンがオススメです。夏が来る前にきれいに取ってしまいましょう!予約不要で受診とご相談可能ですのでお気軽にご来院ください。

春の花粉症の季節です。花粉による肌荒れ対策、治療をしましょう。

春の花粉症の季節です。当院では花粉症の治療として内服薬、点眼薬、点鼻薬等が処方できます。また、肌荒れ症状がメインの花粉皮膚炎も急増する時期です。保険適用の採血検査でご自身がどの種類の花粉にアレルギーがあるのか等を検査することが可能です。それにより対策が立てやすくなります。どうぞお気軽にご相談ください。採血アレルギー検査(保険適用)ご希望の患者様は受付時や問診表にて「アレルギー検査希望」と申告していただくと流れがスムーズです。

粉瘤手術やホクロ除去等で治療法のご希望がある場合は遠慮なくスタッフにお伝えください。

粉瘤手術やホクロ除去、お顔のイボの除去などご希望の患者様が毎日たくさんご来院されます。多くの患者様から高いご評価をいただいている粉瘤くり抜き法(へそ抜き法)や、ホクロやイボの高周波メスによるけずり治療等、患者様が事前にお調べになりご希望の治療法がある場合はあらかじめスタッフにお伝えください。ほぼ9割の患者様が受診当日に手術可能です。また、未成年の患者様は保護者の方同伴であれば、受診当日の手術が可能です。ご来院お待ちしております。(金曜午後と土日は院長と形成外科医師が手術を担当、その他の曜日は院長が手術を担当いたします。現状では火曜日のみ手術不可)

「プラセンタ注射」価格改定のお知らせ(2023/6/1~)

いつも新宿駅前うわじま皮膚科をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、全国的なプラセンタ品薄や納入価格の高騰を受け、慎重に検討した結果、「プラセンタ注射」の価格を改定することとなりました。下記の同時割引価格を適応すれば今まで通りの価格でご提供可能ですのでご安心ください。

■価格改定日
2023/6/1(木)~

■変更メニュー
◎プラセンタ注射
1A ¥550   → ¥ 980(税込)
★同時割引価格 ¥980 → ¥550
2A ¥1,100 → ¥1,800(税込)
★同時割引価格 ¥1800 → ¥1100

◎疲労回復注射セット
ニンニク注射+プラセンタ注射(2A)
¥2,200 → ¥3,450(税込)

★プラセンタ同時割引価格とは?
→ 当院で同日に保険診療を受けた方、または同日に3300円(税込)以上の自由診療、または物品をご購入いただいた場合は、同時割引価格にてプラセンタをご提供いたします。

今後とも、より一層のサービス向上に努めて参りますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

予約キャンセル規定(一部の治療)について(基本的に当院は予約不要で受診できます)

〈ご予約の変更、キャンセルについて〉
当院は基本的に予約不要で受診が可能な皮膚科クリニックです。ただし、一部保険診療治療(手術やレーザー、光線治療など)や美容皮膚科領域の自由診療の施術に関しては予約優先制としております。

当院は上記治療において毎日たくさんの患者様にご予約いただいておりますが、
予約日時直前や当日のキャンセル、無断キャンセル、遅刻などがありますと他の患者様へご迷惑をお掛けすることになります。
そのような事態を避けるため、ご予約の変更、キャンセル、遅刻に関して下記キャンセル規定を設定させていだいております。今後もより多くの患者様に快適な予約環境、施術サービスを提供できるようスタッフ一同努力して参ります。
皆様には、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

キャンセル規定

自費予約の場合
(主に美容皮膚科分野の自由診療施術)
〈ご来院時間について〉
ご予約のお時間に施術を開始させていただく為、予約時間の10分前にはご来院いただくようお願い致します。

〈キャンセルについて〉
・予約の変更、キャンセルは予約前日の診療時間内(休診の場合はその前日)までにご連絡をお願いします。
・当日の変更は時間変更のみ承ります。
繰り返す当日キャンセル、無断キャンセル、遅刻の場合、キャンセル料3000円頂戴いたします。
・電車遅延など公共交通機関の遅延による遅刻キャンセルの場合は遅延証をご提示いただければキャンセル料は発生いたしません。※繰り返す無断キャンセル及び度重なる遅刻やキャンセル、キャンセル料をお支払いいただけない場合、次回以降のご予約をお断りさせていただく場合がございます。(※仮に当院の予約制度が使えなくなった場合も、治療自体はお受けいただけますのでご安心ください。その場合は、治療を受けたい日時に直接ご来院いただき、当日の予約枠に空きがあればその枠にて治療をお受けいただけます)

保険診療予約の場合(手術、保険レーザー治療、光線治療、イオントフォレーシス療法など)
〈ご来院時間について〉
ご予約の時間に開始させていただく為、予約時間内の10分前にはご来院いただくようお願い致します。

※診察状況によってはお待たせしてしまう場合がございます。

〈キャンセルについて〉
・予約の変更、キャンセルは予約前日の診療時間内(休診の場合はその前日)までにご連絡をお願いします。
繰り返す当日キャンセル、無断キャンセル、遅刻の場合、2週間ご予約を承れませんのでご注意ください。(※2週間治療が受けられないという意味ではありません。予約できない期間中は治療希望日に直接ご来院いただき、当日の予約枠に空きがあればその枠にて治療をお受けいただけます)
・電車遅延など公共交通機関の遅延による遅刻キャンセルの場合は遅延証をご提示いただければキャンセル料は発生いたしません。※繰り返す無断キャンセル及び度重なる遅刻やキャンセルをされた場合、次回以降のご予約をお断りさせていただく場合がございます。(※仮に当院の予約制度が使えなくなった場合も、治療自体はお受けいただけますのでご安心ください。その場合は、治療を受けたい日時に直接ご来院いただき、当日の予約枠に空きがあればその枠にて治療をお受けいただけます)

カテゴリー

pagetop