お知らせ一覧

赤ら顔とニキビダニの診断・治療は当院(皮膚科専門医・指導医)におまかせください

当院はおかげさまで全国から赤ら顔治療やブイビームレーザー治療で多くの患者様がいらっしゃいますが、最近患者様から「ニキビダニ」のご質問を多くいただきます。当院では患者様がSNSやネット情報の偽情報・印象操作に惑わされないように、医学的な根拠に基づきニキビダニ症の診断や赤ら顔の診断治療を行っています。顔の赤みや赤ら顔治療でお悩みの患者様は当院へお気軽にご相談ください。その際は院長勤務日がオススメですので、ホームページや当院インスタグラムをご確認ください。

https://uwajima-hifuka.com/   

インスタグラムはコチラ↓

https://www.instagram.com/uwajima_hifuka/

<ニキビダニ(毛包虫)について>

まず、ニキビダニは常在微生物(じょうざいびせいぶつ)です。常在微生物とは皆さんの皮膚にあたりまえのように住んでいる微生物という事です。日本皮膚科学会誌にも掲載されていますが、健康なヒトの顔面から高確率にニキビダニ類の寄生が確認できます。なので通常はニキビダニが発見されても病的な意味はありません。皮膚にはいろいろな種類の微生物が共存していますが、何らかのきっかけで皮膚の微生物のバランスが崩れてニキビダニが大量に増えた時には肌のトラブルが生じる事があります。その際は皮膚科専門医が診断し必要に応じた治療しますのでご安心ください。

Q:ニキビダニが自分の顔にいるのか診てほしいのですが?

A:心配な症状があればお気軽に当院をご受診ください。皮膚の症状を拝見して必要に応じて検査いたします。一方で、ニキビダニは常在微生物で通常は無害です。従って皮膚に何も症状がないのに必ず検査する必要はありませんので、検査の必要性に乏しい場合は医師からご説明差し上げます。なお、赤ら顔に伴うニキビダニのご相談は院長勤務日がスムーズですので院長勤務日を当院ホームページかインスタグラムにてご確認ください。

Q:ニキビダニが自分の顔にいるなんて気持ちが悪いので完全に駆除してほしいのですが?

A:結論から申し上げると、完全に駆除することは難しいですし、完全駆除を目指す必要はありません。ニキビダニは見た目が奇妙でグロテスクなので、自分の皮膚にニキビダニがいるのを想像すると気持ちが悪いですよね。お気持ちはすごくわかります。ただ、ニキビダニは常在微生物で皆さんの皮膚で共生しているダニなので、お薬で数を減らすことはできますが、完全に駆除することは難しいです。そもそもニキビダニは通常は無害なので、皮膚の症状がない状況でニキビダニ駆除の薬を必ず使用する必要はありません。薬を使用する治療もリスクゼロではありませんので注意が必要です。

Q:赤ら顔がなかなか治らないのですが、これはニキビダニのせいではないのですか?

A:赤ら顔の症状によってはニキビダニが悪化要因として関与している可能性はあります。ただ、全てがニキビダニのせいでニキビダニを駆除すれば解決すると解釈するのは誤りです。赤ら顔や酒さにおいて高率にニキビダニが検出されることが報告されています。ただ、健康なヒトの顔面からも高率にニキビダニが検出されていますので、ニキビダニが検出されるという事実だけでは赤ら顔酒さの方と健康な方の両者で差はありません。重要なのは、赤ら顔・酒さの患者様において赤みだけではなく、皮むけや丘疹(プツプツ)や膿疱(白い膿のプツプツ)などの症状があり、実際の検査においてニキビダニが大量に増えていた場合、ニキビダニ治療を併用することで症状改善が期待できると考えるのが適切です。

昨今の現状として、テレビやSNS上の見せ方で「患者様の赤ら顔の表面からニキビダニを検出したぞ、このニキビダニを治療すれば今まで治らなかったあなた(患者様)の顔の赤みは治る!」と情報発信主が自らの名医ぶりをアピールする演出がありますが、もともとニキビダニ自体の検出率が高いのは先に述べた通りですし、ニキビダニを検出したこと自体を騒ぐ必要はないです。重要なのはそのニキビダニが現在の病状に対して病的な意義があるのか?治療する必然性があるのか?をしっかりとした医師が診断することなので、結局は本物の皮膚科専門医による検査・診断が有効です。「受診したいドクターが本当の皮膚科専門医なのかどうか?」に関しては簡単にサイトで検索できます。リンク先の日本皮膚科学会のサイトで「フリーワード検索」欄に、ご希望のクリニック名や医師の名前を記入して検索してみてください。自称専門医のドクターは検索ヒットしませんが、日本皮膚科学会認定の本当の皮膚科専門医ならば検索にヒットして出てきます。

皮膚科専門医MAP検索サイト

https://www.dermatol.or.jp/modules/spMap

Q:赤ら顔に悩んでいます。インターネットで赤ら顔・しゅさの動画やニキビダニの動画をたくさん見ています。うわじま皮膚科に通えない時は、どの皮膚科に受診したらいいですか?

A:おかげさまで当院は全国各地から多くの患者様が通院されており、赤ら顔治療やブイビームレーザー治療、ニキビダニ治療など行っております。遠方で当院に通えない患者様は、まず日本皮膚科学会が認定した皮膚科専門医の病院やクリニックを受診されるとよいでしょう。前項目のQ&Aのリンク先の「フリーワード検索」欄に、希望のクリニック名や医師の名前を記入して検索してください。

また、めったにない事ですが、医師免許をもたない人物が医師と称して診察治療して事件になるケースもゼロではないので、受診される医師が医師免許を持っているかどうかを調べる事も比較的簡単にできますので、下記に厚生労働省のリンクを貼っておきます。これらのツール等によって、多くの患者様がネットやSNSの誤情報や演出に惑わされることが減り、正しい情報を得て適切な医療機関を受診されることを切に願っております。

医師等資格確認検索(厚生労働省サイト)

https://licenseif.mhlw.go.jp/search_isei/

#しゅさ #赤ら顔 #顔赤み #ニキビダニ #ブイビーム

当院は新型コロナ流行中もコロナ対策を徹底しつつ、毎日診療いたします(祝日は休診)。

東京でも新型コロナの陽性者が急増している状況ですが、当院は今後もコロナ対策を徹底し通常通り診療いたします。従来からの皮膚のお悩みでお困りの患者様の健康を守るべく医療機関として役割を果たしてまいります。

患者様ができるだけ安全に受診していただけますよう、スタッフや患者様の体温測定、院内滞在時間の最小化、徹底した換気や消毒ハンドジェルの常備、ドアノブ消毒やスタッフのマスク装着や手洗い励行など感染予防策を徹底しております。詳しくはhttps://uwajima-hifuka.com/pdf/covid-19.pdf

当院は皮膚科単独のクリニックですので発熱や咳といった患者様はほぼ来院されませんが、万が一、そのような症状がある方は事前に電話連絡いただくか速やかに受付にご申告ください。適切な医療機関へご案内いたします。

今後、東京での新規感染者数の動向で事態が変わっていくことも想定されますが、その際は逐一ホームページ、インスタグラム、ツイッターなどSNSを通じて情報発信していきますので、当院アカウントフォローなどオススメいたします。(2022年7月15日最終更新)

【要注意】水曜日・金曜日共に11時から14時は院長不在で、代診医師のみの診療となります。

基本的に水曜日・金曜日共に11時から14時は院長不在で、代診医師のみの診療となります。この時間帯の手術相談や自費の新規治療のご相談,シダトレン、シダキュア、ミティキュア、エピペンの処方は基本的に不可となりますのでご注意ください。

カテゴリー

pagetop