小児の疾患

乳児湿疹

乳児期に、皮脂腺の多い頭や額、こすれる部分を中心に黄色いフケが出たり、カサカサした紅斑ができたりする病気です。

Q:原因は?

A:原因はまだ明らかではありませんが、皮脂を分泌する脂腺という器官が活発に活動する部位に見られることから、皮脂による刺激が主体と考えられていますが、ヒトの毛包脂腺系に常在するマラセチアという真菌(カビ)の関与を指摘する意見もあります。

Q:症状は?

A:小児では生後1ヶ月頃から皮脂の分泌が亢進しますが、この頃から乳児湿疹は発症し始め、頬、額、耳の前後などに赤いブツブツができてきます。しかし、6ヶ月頃からは次第に消えていきます。

Q:診断と治療は?

A:診断にあたっては、症状から判断しますが、乳児アトピー性皮膚炎との区別が困難なケースがあります。
症状に気づいたら皮膚科を受診しましょう。入浴時には強くこすらないように気をつけながらよく洗い、皮脂の付着を減らします。炎症が強い時には、ステロイド外用薬を使用します。

小児アトピー性皮膚炎

小児のアトピー性皮膚炎は、年齢によって皮脂の分泌量が異なるため、症状も若干異なってきます。生後2~3ヶ月から1歳頃までのアトピー性皮膚炎では、顔や頭、耳にじくじくとした湿疹が出ることが多いです。肘や足首などの関節部分に湿疹が生じたり、「耳切れ」と言って耳のつけ根がただれて切れてしまったりすることがあります。
2~10歳頃は手足の関節の内側や首、腋の下などにかさかさと乾燥した湿疹が多く出ます。また、季節の影響としては、夏場は皮膚の化膿や汗、虫さされによる刺激でじくじくしやすくなります。冬場は空気の乾燥によって、かさつき、痒みが強くなります。従って、夏場と冬場はアトピーが悪化しやすい時期になります。
アトピーの原因は人により様々です。悪化要因としてアレルギーを持っている方が多く、高頻度のアレルギー項目がダニやハウスダストです。

Q:アトピー性皮膚炎の検査と対策は?

A:アトピー性皮膚炎の疑いがある場合は、採血できる年齢になったら血液検査を受けてみましょう。そして皮膚による食物アレルギーの検査を受けて、医師の指示に従います。アレルギーテストの結果、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関与が指摘され、原因となる食物がはっきりして除去する必要があると判断された場合は、その食物を除去します。無闇な食事制限は、栄養障害を起こす危険がありますので避けましょう。

Q:アトピー性皮膚炎の治療は?

A:治療の基本は外用療法です。湿疹に対して保湿剤やステロイド軟膏などの治療薬で炎症かゆみを抑えます。
アトピー性皮膚炎の外用療法にあたり、ステロイドの塗り薬に抵抗感をお持ちの保護者の方が少なくありませんが、症状に応じて必要な量を必要な期間だけ使い、症状が軽くなったら薬を減らしたり、弱いものに変えたりするように適切に用いれば、副作用はかなり出現しづらいですし過度な心配はいりません。最も良くないのは自己判断で治療を中断したり外用方法を独自のものに変えてしまうことです。そして、治療によりお肌の状態が良くなった後も、継続して保湿剤中心にスキンケアをすることが大切になります。

Q:新宿駅前うわじま皮膚科のアトピーの治療の特徴は?

A:当院の特徴は、外用療法ならばしっかりと軟膏の外用方法やスキンケアに関して習得していただけること。また、光線療法の併用も行っています。特に痒みのひどい部分が限定されている小児の患者さまに適しています。当院は部分照射できる光線療法の機器も導入しておりますので、外用だけではなかなかコントロールできない部位に部分的に光線を当てるのが有効です。光線療法自体は痛くも痒くもありません。照射部位が少し暖かく感じる程度です。小児に紫外線を当てることに抵抗のある保護者の方もいらっしゃるかもしれませんが、全身に光線を当てるわけではなく部分的な照射ですし、症状の悪化時のみ当てるので、将来的に体に与える影響は限りなく少ないと考えられています。

とびひ、伝染性膿痂疹

とびひ(伝染性膿痂疹)は、皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる疾患です。特にアトピー性皮膚炎の患者さんは、皮膚のバリア機能が低下して細かい傷が多く、とびひにかかりやすいので、要注意です。
掻きむしった手を介して、皮疹が全身へと広がる様子が、火事の火の粉が飛び火する様に似ているため、「とびひ」と呼ばれます。

Q:治療は?

A:とびひの治療には、主に抗菌薬を使って原因菌を退治します。また、必要に応じて抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏なども用い、痒みや炎症を抑えます。とびひは、ひどくならないうちに治療を始めると、より早く治せます。

あせも、汗疹

あせも(汗疹)とは、汗を多量にかいたあとに、皮膚に細かい水ぶくれやブツブツが現れる皮膚疾患のことです。

Q:あせもになりやすい時期や特徴は?

A:汗をかきやすい夏季に多く、小児に発症しやすい疾患です。高熱を出している方や高温環境下で作業している人にも見られます。

Q:原因とメカニズムは?

A:あせもは、多量に汗をかき、汗管が詰まるために、汗が皮膚の外に出られなくなり、皮膚内の組織に漏れ出ます。すると水ぶくれができたり、炎症を起こして痒くなったり、赤くて痒いブツブツが生じたりするのです。

Q:治療と日々のスキンケアは?

A:治療には、ステロイド外用薬や抗生剤の内服(細菌感染が加わっている場合)などが行われます。再発を繰り返さないためには、汗が出たらシャワーを浴びるか、こまめに拭き取るようにすることが大切です。

水いぼ

水いぼは正式には伝染性軟属腫と言い、伝染性軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。 幼少児によく見られ、痒みを伴うこともあります。

Q:なりやすい要因はあるの?

A:特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のある患者さんに多く見られます。その理由としては、乾燥肌やアトピー性皮膚炎があると、皮膚のバリア機能が低下するため、細かいキズからウイルスが入り込みやすいことと、痒みで引っ掻くことにより爪先からうつってしまうことなどが考えられます。

Q:人にうつるのですか?

A:プールでよく感染しますが、水から感染するというよりも、皮膚間の接触やビート板の共有が感染原因として多いです。

Q:治療は?

A:水いぼの治療としては、専用のピンセットで一つずつ摘まんで内容物を出す方法が一般的です。ただし、強い痛みを伴いますので、この痛みを軽くする目的で麻酔のテープ(ペンレステープ)がよく用いられます。ピンセットによる処置が嫌い又はトラウマがある患者様は外用剤で根気強く治療する方法もあります。

かぶれ、接触皮膚炎

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹を、接触皮膚炎(かぶれ)と言います。原因となる外的刺激が特定されている場合に、こう呼ばれます。原因が明らかな場合は通常、「うるしかぶれ」「オムツかぶれ」など、原因物質の名前を頭につけて称されます。

Q:検査は?

A:原因が明確でない場合は、「パッチテスト」を行うことがあります。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。ただし、検査中は検査物質を48時間貼り続ける必要があり、検査のタイミングを考慮しなければなりません。原因物質がわかったら、まずは、その物質が含まれるものに接しないように注意します。

Q:治療は?

A:原因物質を除去した後、短期的にステロイド外用薬を使用し、痒みが強い場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用いて治療します。

虫さされ、虫刺症

虫さされ(虫刺症)では、虫に刺された直後から翌日以降に、その部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、しこりになったりします。特に小さいお子さんは、広範囲が腫れる場合もしばしば見られます。

Q:刺された直後の応急処置は?

A:虫さされに気づいたら、まずはその部分を流水でよく洗い流します。また、虫の針などが残っていないかをよく観察し、異物があればセロハンテープなどで取り除きましょう(無理に除こうとすると、かえって深く刺さってしまうこともあるので、可能な範囲で行います)。そして早めに皮膚科を受診しましょう。

Q:治療は?

A:皮膚科の治療では、ステロイド軟膏を短期間外用します。腫れや痒みが強い場合は、抗アレルギー薬を服用します。細菌感染を併発している場合は抗生剤を内服することもあります。

Q:合併症は?

A:痒いからといって患部を掻き壊すと、とびひになったり、治りにくい痒疹(痒みのある硬くなった皮膚)になることがありますので、きれいに治すためにも、皮膚科への受診をお勧めいたします。

黒アザ・茶アザ・青アザ

黒アザ

黒アザは、正式には色素性母斑(母斑細胞母斑)と言います。俗にホクロとも呼びます。大きいものになると悪性化する可能性も出てくるため、切除も考慮することがあります。切除する価値のある大きさの目安は直径6ミリ以上です。その他、形状や色むらの有無なども重要です。ホクロの治療は問題ないものであれば経過観察も可能です。が、除去をご希望される場合は局所麻酔による切除(保険適応)か、Qスイッチレーザーの照射で徐々にホクロを薄くする治療(保険適応外)が可能です。

茶アザ

茶アザは、多くの場合が扁平母斑と言い、その名の通り、扁平で皮膚から隆起していません。多くの場合は生まれつきのものですが、思春期になってから発症するものもあります。思春期になってから発症するものは、太くて長い毛があざの部分に生える有毛性のケースが多いようです。先天性のものが体のどこにでもできるのに対し、遅発性の場合は肩、背中、胸にできることが多いのが特徴です。
かつて扁平母斑の治療は、ドライアイスや液体窒素によるものが中心でしたが、現在は、傷ができにくいレーザー治療をまず最初に行うことが多いです。
しかし、扁平母斑は完治しにくく再発が多いアザです。生まれつきの茶アザがある場合には、早めに専門医に診てもらいましょう。

青アザ

青アザとして多いのは、幼少期から思春期以降に顔面特にホホや眼の周りにできる太田母斑。また、思春期以降に両側のホホに左右対称に点状に生じる後天性真皮メラノサイトーシス、さらには背中や臀部以外にできる青アザの異所性蒙古斑などがあります。特に思春期以降の女性を悩ませる後天性真皮メラノサイトーシスは当院のレーザー治療「レーザートーニング」が有効なことが多いですのでぜひ一度ご相談ください(保険適応外)。

診療メニュー

診療カレンダー

11月
30
診 療
31
休 診
01
診 療
02
診 療
03
祝日
04
診 療
05
診 療
06
診 療
07
休 診
08
診 療
09
診 療
10
診 療
11
診 療
12
診 療
13
診 療
14
休 診
15
診 療
16
診 療
17
診 療
18
診 療
19
診 療
20
診 療
21
休 診
22
診 療
23
祝日
24
診 療
25
診 療
26
診 療
27
診 療
28
休 診
29
診 療
30
診 療
01
診 療
02
診 療
03
診 療
12月
27
診 療
28
休 診
29
診 療
30
診 療
01
診 療
02
診 療
03
診 療
04
診 療
05
休 診
06
診 療
07
診 療
08
診 療
09
診 療
10
診 療
11
診 療
12
休 診
13
診 療
14
診 療
15
診 療
16
診 療
17
診 療
18
診 療
19
休 診
20
診 療
21
診 療
22
診 療
23
祝日
24
診 療
25
診 療
26
休 診
27
診 療
28
診 療
29
診 療
30
診 療
31
診 療

休診

  • instagram インスタグラム
  • 患者の気持ち
pagetop